45歳からの生活革命

自由をめざすオッサンのためのサバイバル術を紹介しています

中年の食生活

time 2016/09/09

 

「ガン」「脳卒中」「急性心筋梗塞」
「糖尿病」「精神疾患」が現代の5大疾病だそうです。

このような病気にかからず、
健康で長生きするには
食生活は大変重要な要素になってきます。

中年からの食生活の基本

カロリーよりもバランスを考える

40代、50代になると、
若い頃に比べ新陳代謝のスピードは
緩やかになってきます。

基礎代謝量も低下するため
「ちょっと食べ過ぎると太る」
という状況になりがちです。

そして「太らないためにはカロリーを抑えればよい」
と考えて、

栄養バランスの崩れた食事をしていては
・疲れやすくなる
・髪の毛や肌に老化現象が現れる
・視力が落ちる
・骨量が減少する
・記憶力が低下する

などのさまざまな症状が現れます。

中年からの食生活の基本は、
「カロリーよりも
いかに栄養バランスのとれた食事をするか」
という事が重要です。

脂肪の多い肉類は控えめに

日本人はもともと
肉類よりは
野菜や穀物類、魚類が主体の
和食が中心でした。

しかし最近では
肉類が主体の洋食が中心になっている
中年も増えています。

肉類はエネルギー源になる他、
ビタミン類も含んでおり、
必ずしも不必要というわけではありません。

しかし、脂肪分の多い肉類は
高コレステロール症の原因になったり、
動脈硬化を引き起こしたり、
肥満を引き起こして
メタボリックシンドロームや
生活習慣病のリスクを高めます。

同じ肉類でも脂肪分の少ないものや
魚類を食べるようにしましょう。

野菜を多めに摂る

最近は、中年世代の健康に対する意識も高まり、
野菜類や果物類を積極的に摂る方も増えてきました。

健康を維持して行くためには、
ビタミン類やミネラル、食物繊維の摂取が
どうしても必要であり、
それが野菜類や果物類に多く含まれているからです。

20代、30代の頃は外食が多かったり、
朝食を抜いたり、インスタント食品で済ませたり
と野菜不足になりがちでしたが、
自らの健康に目を向けたとき、
毎日の食事で野菜を多く摂る事は、
中年以降の健康を維持していくために
欠かせない事となっています。

規則的な食生活と腹八分目

食事は、3食をほぼ決まった時間に
きちんと食べる事が大切です。
毎日食事の時間が変わったり、
1日に何度も間食をしたり、
夜食を食べたりといった不規則な食生活は、
栄養のバランスが崩れたり、
太る原因にもなります。

また、食べる時は腹八分目を基本に、
アルコールは控えめにしましょう。

プロフィール

プロフィール

もり まこと

もり まこと

ITコンシェルジュ パソコン・スマホの使い方、おっさんのサバイバル術について書いています。

アーカイブ