45歳からの生活革命

自由をめざすオッサンのためのサバイバル術を紹介しています

ココロとカラダの健康

time 2016/09/09

中年になると
疲れやすい、目の焦点がぼやける
イライラする、怒りっぽくなる
など
なかなか不愉快なことが多くなってきます。

これは自然な加齢現象、どっしりと構えて
老いることも楽しんでしまいましょう。

WHO調べの2016年版の「世界保健統計」によると、

日本の平均寿命は

男性80.5歳、

女性は86.8歳

です。

この20年間ずっと世界一を保っています。

いま45歳のオッサンだとすると、
あと35年は生きれていられそうです。

 

健康寿命

ところが最近、
「健康寿命」という言葉が出てきました。
これは単純に人は何歳まで生きるか
を示したものではなく、
日常的に介護などのお世話にならず、
自立した健康な生活ができる期間のこと
をいいます。
この「健康寿命」

男性が70.42歳

女性が73.62歳

となっています。
(2010年、厚労省の調査)

この「健康寿命」を基準にして
もう1度45歳のオッサン
残り時間を計算してみると、

誰のお世話にもならず
健康に生きれる時間
25年となりました。

 

あとの10年は
「不健康な期間」を過ごすことに
なってしまいます。

 

いつ病気になるか、
いつこの世の生を終わらせるのか
誰にも分かりませんが、
できれば長生きしたいと思うのが
世の常。

健康なカラダとココロを保てるよう

食事、睡眠、運動、ストレス緩和

に励んでいきたいものです。

プロフィール

プロフィール

もり まこと

もり まこと

ITコンシェルジュ パソコン・スマホの使い方、おっさんのサバイバル術について書いています。

アーカイブ