45歳からの生活革命

自由をめざすオッサンのためのサバイバル術を紹介しています

筋トレ後30分以内に牛乳を飲もう

time 2016/07/09

mlk11

日頃のトレーニングといえば

朝のウォーキングをやっています。

できない日は筋トレをして体力維持を図っています。

ある日、近所のおっさんが

運動をしたあとには30分以内に牛乳を飲む。

これが筋肉をつけるのに非常に効果があるのです。

と誇らしげに語るのを聞いたことがあります。

なんでもNHKの健康番組「ためしてガッテン」で

取り上げられていたそうです。

それもあって、運動した後は牛乳を飲むようにしています。

 

筋肉をつけるなら筋トレ後30分以内に牛乳200ccを飲むのがオススメです。

そのわけは、

筋トレ後に牛乳を飲むか飲まないかで、筋肉のつく量が2倍も違ってくるからです。

筋トレ後は筋肉が損傷を修復しようとするので、

乳製品を摂るとアミノ酸がどんどん筋肉

の中に入っていくのです。

 

筋トレ後に筋力が下がっていた理由

同じ筋トレをしても、筋肉がつく人とつかない人がいます。

実際に76歳の女性と20歳の女性に1週間、同じ運動を同じ回数を行ってもらいました。

一週間後に筋力を測定してみると、20歳の女性は筋トレ後に筋力はアップしました。

ところが76歳の女性は、筋トレ後に筋力が下がっていたのです。

76歳の女性の筋肉の断面を見てみると、

本来は黒く映るべき筋肉の中に白い部分がありました。

これは「異所性脂肪」と呼ばれるもの。

本来は筋肉があるべき場所が、脂肪に置き換わっている状態です。

肉でいえば、霜降り状態というべきものですね。

年をとると筋肉が萎縮してしまって、そこに脂肪が入りやすくなってしまいます。

このような状態だから、筋トレの効果が出にくかったわけです。

 

効率的に筋肉をつける筋トレ後の牛乳

mlk01

そこで、効率的に筋肉をつける方法を紹介しましょう。

それが筋トレ後30分以内に牛乳200ccを飲むというもの。

筋トレ後に牛乳を飲んだ場合と飲まない場合を比較すると、

牛乳を飲んだほうが筋力が2倍もアップするのです。

そのメカニズムは、、

筋トレをすると筋肉に小さな損傷がおこります。

その筋肉の損傷を修復しようと、

パチンコのフィーバーのような状態で

筋肉はたくさんアミノ酸を取り込もうとするのです。

このフィーバー状態は運動後の30分で終わってしまいます。

そこで、

このフィーバー状態の間にアミノ酸を含んだ乳製品を摂ると、

アミノ酸がどんどん、どんどん筋肉の中に入っていきます。

おかげで筋肉がどんどん太くなっていくというわけです。

 

プロフィール

プロフィール

もり まこと

もり まこと

ITコンシェルジュ パソコン・スマホの使い方、おっさんのサバイバル術について書いています。

アーカイブ